介護福祉士の仕事は?試験の内容は?
気になるポイントをまとめてみた!

資格取得について

介護職の中でも唯一の国家資格である介護資格は、高齢者介護の現場では管理職などの上位職になることを要求されることが多いです。また、受験資格を得るためには、無資格や未経験の場合には研修を受けた上で実務経験を積む必要があります。高等学校または中等教育学校において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した人が、受験条件を得ることが出来ます。

介護福祉士の試験は筆記試験と実務試験の2つに合格をする必要があります。筆記試験は60%を目安とした得点率で合格となります。しかし、得点が1科目でも0点になってしまったら不合格となります。そのため、全ての科目を幅広くカバーしておく必要があり、勉強時間は長めに取っておくようにしましょう。

また、受験対策においては過去問題からの出題が多いと言われています。合格率も60%と国家資格としては高いとされているため、地道に取り組むことで突破することが出来ると言われています。

介護福祉士の資格は介護の現場において、やりがいのある仕事をするために重要な役割を持っています。その試験内容は筆記試験と実務試験に分かれているため、広い範囲で資格に対する勉強をしておく必要があります。時間をかけて取り組むようにしましょう。