介護福祉士の仕事は?試験の内容は?
気になるポイントをまとめてみた!

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士の仕事内容は、日常生活の中で介護を必要とする人に援助を行います。その計画はケアマネージャーがあらかじめ決めたものに沿って行います。介護福祉士は介護の仕事の中で「介護を必要とする一人ひとりに合った介護をすること」、「業務を通じて知り得た介護を必要とする方およびその家族の秘密を漏洩しないこと」が求められています。

具体的な仕事内容を追ってみましょう。まずは身体介助です。こちらは日常的な生活動作の補助を行うものです。移動や排泄、衣類の着脱や食事、体の衛生管理などが主な業務となります。

次に生活援助は、より生活に密着した行動の援助です。洗濯や炊事、掃除、買い物などがそれにあたります。このように、その人の日常に寄り添うことが業務内容に関わってくるため、仕事とはいえ家族のような信頼関係を結ぶということも忘れてはなりません。また、介護に関するサポートは家族ぐるみで行う必要があるため、その人の家族とともに相談を行うこともあります。

介護福祉士の仕事は、介護を必要とする人に対して援助を行うものです。身体介助や生活援助はもちろんのこと、介護に対する相談やサポート、またはその人が社会生活にどのように関わっていくのかを支援することも含まれています。