介護福祉士の仕事は?試験の内容は?
気になるポイントをまとめてみた!

介護福祉士について

少子化、そして超高齢社会が進んでいる中において、介護職の重要性は日に日に高まっています。その中でも、現在唯一の国家資格である介護福祉士には注目が集まっています。一体、介護福祉士の仕事内容とはどのようなものなのでしょうか。また、介護福祉士の資格取得はどのように目指せば良いのでしょうか。

介護を生活の中で必要としている人をサポートすることが、介護福祉士の仕事内容となります。身体介助や生活援助といった身の回りの生活の質を高めることが主な業務内容です。しかし、これだけではなく介護に対する相談を家族とともに行います。このような業務を通じて、介護を必要とする人が社会に関わっていくことを目指します。

介護福祉士の資格取得については、まず、受験資格を得る必要があります。そのために、養成施設を卒業するか、実務経験を積み受験資格を取得します。その後に筆記試験で60%程度の得点率を獲得出来れば合格です。しかし、1科目でも0点があった場合は不合格になります。

筆記試験の範囲は非常に広範囲となるため、長い時間をかけて勉強に励む必要があります。また、実務試験も受ける必要があるため、道のりが長いと言えますが、合格率は比較的高いため取得への道は近いと言えるかもしれません。

福祉の道に進みたいと願っている人にとっては、介護福祉士の資格取得は非常に重要な存在となります。資格取得に対して不安を持っている人に役立つ情報がこの記事では掲載されています。ぜひ最後までお読みください。


▼ 介護職関連~管理人オススメサイト~ ▼
資格を取得した後は介護の求人を探しましょう。介護職専門の求人情報を紹介しているサイトがありますので、ぜひご活用ください